★最安値公式サイトはこちら★



ニオイに敏感な女性たちからの人気も非常に高い、薬用デオドランドクリーム・ラポマイン。

しかし、妊娠中・授乳中の女性はラポマインを使っても大丈夫なのでしょうか?

 

もしもおなかの中の赤ちゃんに何か影響を与えるおそれのある成分が配合されているとしたら、使いたくありませんよね。

そこで、今回は「ラポマインは妊娠中・授乳中に使っても大丈夫?添加物の有無は?」というテーマでご紹介します。

 

ラポマインは妊娠中・授乳中に使っても大丈夫?

先に結論から申し上げますと、ラポマインは妊娠中・授乳中に使っても大丈夫です。

しかしながら、一般に市販されているデオドランドアイテムは妊娠中・授乳中の使用は避けた方が良いと言われています。

 

ラポマインを妊娠中・授乳中に使っても良いのはなぜ?

他のデオドランドアイテムは避けた方が良いのに、ラポマインだけ大丈夫なのはなぜ?と疑問に思われた方も多いでしょう。

では、ラポマインが妊娠中・授乳中に使っても大丈夫だという理由について、ご紹介していきますね。

 

ラポマインには妊娠中・授乳中にNGな成分が含まれていない

一般的に市販されているデオドランドアイテムによく含まれている塩化アルミニウム

汗のニオイを抑える働きが強い一方で、かぶれやアルツハイマー病などの原因とも言われており、副作用が問題視されている成分でもあるのです。

 

含有量が厚生労働省の定める規定量より少なければ問題はないとは言われていますが、妊娠中・授乳中はいつも以上に慎重になった方がよいでしょう。

ただし、ラポマインには塩化アルミニウムが含まれていないため、安心してご使用いただけますよ。

 

医薬部外品の無添加デオドラントジェルクリーム

厚生労働省の試験をクリアして医薬部外品としての認可を得ているラポマイン。

一般に市販されているデオドランドアイテムは、においケアとは関係のない着色料などの余計な成分も含まれているのですが、ラポマインはそういった余計な添加物を徹底的に排除し、天然由来成分を中心として開発されたデオドランドアイテムとなっています。

 

ただし、いくら無添加、天然由来成分中心といえども、おなかの中の赤ちゃんへの影響は気になるところですよね。

公式サイトをチェックしたところ、妊娠中の使用も特に問題はないとのことでした。

 

ただし、万が一身体に異常が生じた際は、すぐに使用を中止し、医師に相談しましょう。

事前確認は特に必要ないとのことでしたが、心配な方はかかりつけの産婦人科医に相談した方が安心ですね。

 

もし妊娠中のニオイについて医師に相談するのが恥ずかしいとお思いの方がいらっしゃいましたら、普段使っている化粧品をイメージしてみてください。

化粧品の方が一般的にお肌に良くないと言われている添加物がたくさん含まれていますが、妊娠中に化粧は禁止されていないはずです。

 

化粧品が赤ちゃんに及ぼす影響が少ないのと同じように、ラポマインの成分が赤ちゃんに届くということはほぼありませんので、ご安心くださいね。

 

妊娠中の正しいワキガ対策・ニオイケアをチェック!

一般的にワキガ対策というと、真っ先に思い浮かべるのは汗腺除去手術やワキ毛のお手入れなどですが、妊娠中には難しいですよね。

そこで、食事の改善と制汗剤でのにおいケアについて詳しくご紹介いたします。

 

食生活の改善

アポクリン腺から分泌される汗には、タンパク質、皮脂、アンモニアの3つが含まれており、これらがニオイの原因となっています。

この3つの成分の量は食べたものにより左右されますので、食生活を改善するとワキガのケアもできるのです。

 

お肉や糖質の多いものを食べるとこの3つの成分は増えてしまいますので、まずは毎日のお食事を見直してみましょう。

ただし、妊娠中に体重管理の一環としてダイエットをしており、糖質・お肉類を控えていらっしゃってもなお、ワキガが気になるという場合は、食事の改善だけでは対策が不十分となります。

 

制汗剤

ドラッグストアや薬局、コンビニでも取り扱われるようになった、身近なデオドランドアイテムと言えば制汗剤です。

ただし、こういった市販のアイテムには強い殺菌効果のある成分や合成香料、石油系界面活性剤、着色料などが含まれていることが多く、赤ちゃんへの経皮摂取による影響が心配なところですよね。

 

妊娠中に悪化したワキガは、ホルモンバランスの変化による一時的なものです。

産後半年間くらいは妊娠中と同じようなホルモンバランスになっていますが、このホルモンバランスが続くのは妊娠中と産後を合わせても約1年半ほどです。

赤ちゃんのためにも、使うものに気を遣いたいですよね。

 

そういった時期にオススメなのが刺激物や添加物を一切排除した、安全安心で敏感肌でも使えるくらいお肌にやさしいことで知られるラポマインなのです!

 

妊娠中のワキガ対策にはラポマインが一番!その理由とは?

ラポマインが妊娠中・授乳中の女性に愛される理由の一つは、やはり安全性の高さです。

それ以外にもいくつか理由があるのですが、ここではラポマインが妊娠中のワキガにもしっかりアプローチしてくれるということに着目してみましょう。

 

ラポマインには天然由来成分の保湿成分がたっぷり含まれているため、お肌をしっかり保湿してくれます。

妊娠中はホルモンバランスの変化によってお肌が乾燥しやすく、お肌が乾燥すればするほど、アポクリン汗腺から分泌される皮脂が増え、これがワキガの原因となっているのです。

 

市販の制汗剤ですと、Agなどの金属成分やアルコールなどで汗を乾燥させてにおいを解消しようとする設計になっています。

しかし、お肌が乾燥してしまうと、さらにアポクリン腺からワキガの原因である皮脂がよりたくさん分泌されてしまうので、さらにワキガの悪化につながってしまうという負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

一般の制汗剤と違って、ラポマインは保湿力の高いデオドランドアイテムです。

そのため、この負のスパイラルには陥らないのですね。

妊娠中のワキガの原因はホルモンバランスの変化によるところもあるため、普段のにおいケアのアプローチとは異なってくる部分があります。

 

しかし、ラポマインなら安心して使えるだけでなく、しっかり妊娠中のワキガにも効果が期待できるでしょう。

 

ラポマインを妊娠中・授乳中に使う際の注意点

妊娠中・授乳中にも安心して使用できるラポマインですが、万が一お肌に合わなかったり、アレルギー症状が出たりなどすると、一気に不安に駆られてしまい、赤ちゃんにとってもストレスとなってしまいます。

そこで、ラポマインを初めて使用する際は、ワキなどの皮膚の薄い部分に使用する前に、皮膚の厚くて硬い足裏でテストしてみることをオススメします。

 

足裏であれば、万が一アレルギーやかぶれなどが起こっても、最小限の被害で抑えることができますよ。

もしお肌に合わない場合は返金保証制度もありますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

多くのメディアでも取り上げられ、驚異の80万本売り上げを達成したラポマイン。

医薬部外品デオドランドジェルクリームで、妊娠中・授乳中にも問題なくお使いいただけます。

一般の市販されているデオドランドアイテムとは違って、赤ちゃんに害をなすおそれのある成分は含まれていませんので、安心して使うことができますよ。

 

それだけでなく、妊娠中・授乳中のホルモンバランスの変化に伴うワキガなどのケアに対してもしっかりアプローチしてくれます。

公式サイトの定期購入コースであれば、非常にお得にラポマインを購入することができますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

妊娠中・授乳中のにおいケアでお悩みの方は、ラポマインで対策されてみてはいかがでしょうか?



★最安値公式サイトはこちら★